So-net無料ブログ作成

日本の酒 [おすすめ]

こんにちは。 今週は良い天気が続き、気持ちのいい毎日ですね。 気分も穏やかにそして爽快な青空・・・。 さて、最近の若い人は「クルマを所有しない」とか 「あまりお酒を飲まない」とか「出世欲が少ない」など 1970年生まれの私の世代とは、少し事情が 違うようです。 このブログをご覧頂いている方も「うん。そう」と 感じて頂ける方も多いと思います。 私が20代、30代のころは、 「お酒が強く、たくさん飲める」と"カッコイイ"と評価され 「いいクルマに乗っていると」"うらやましくてステータス" 「若くして出世し役職肩書き」が付くと"できる奴"そして 女性にモテる。 と嫉妬され、羨ましかったものです。 でも近頃は、「お酒は健康に悪い」とか「クルマは維持費がもったいないので、 もっぱらレンタカーか流行のカーシェアーで」とか 「役職や出世よりも安定した生活を」と とても現実的てすね。時代と景気が 憧れた夢のようなものすら奪っていくようで・・・。 野趣家では、おいしい日本酒が出回るこの秋、 日本酒に力を入れてラインナップ豊富に 取り揃え「日本の国のお酒"日本酒"」を おすすめしていこうと考えています。 「酒は百薬の長」と申します。 少しの量なら体も喜ぶはずです。 是非、お誘い合わせの上、ご来店頂ければ 幸いでございます。 IMG_0081.JPG 写真は山口県の「獺祭だっさい」 最近は、とても有名になり入手困難になってきている 希少な純米大吟醸。 IMG_0083.JPG また神奈川県茅ケ崎市で造られている日本酒 「天青てんせい」。えっ!!茅ヶ崎で?と言う声を よく聞きます。とても香りがよく優しい口当たりの お酒で女性からの評判の高い日本酒です。 IMG_0085.JPG また岐阜県のお酒「醴泉れいせん」。 華やかな香りと、まろやかコクが日本酒の 印象を変えてしまうほどの広がりを感じさせてくれます。 秋は、春に仕込みを終えた新酒を半年寝かせて 出荷する「冷やおろし」と呼ばれる 新酒時の「爽快な」「荒々しい」「フレッシュで」と言う 味わいを落ち着かせて「まろやかにコクを深める」タイプが 出てきます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。